よりよい医療を提供するチーム活動

  • 外来受診される方へ
  • 入院・お見舞いの方へ
  • 各種ご相談窓口
本文が始まります。
  1. 宝塚市立病院TOP
  2. 当院の概要
  3. よりよい医療を提供するチーム活動

よりよい医療を提供するチーム活動

  • 呼吸サポートチーム
    病気のため人工呼吸療法を受けている入院患者さまのフォロー、患者さまご自身や医療従事者の相談にのるなどの活動にはじまり、院内での安全適切な呼吸管理の確認作業や、勉強会を開催し、より質の高い呼吸療法を患者さまへ提供できるよう努めています。
  • 栄養サポートチーム
    医師、歯科医師、看護師、管理栄養士、薬剤師、理学療法士、言語聴覚士、臨床検査技師、歯科衛生士など多職種で構成されたチームです。患者さまの治療を円滑に進めるために栄養面でのサポートを行っています。
  • 感染制御チーム
    医師、看護師、薬剤師、検査技師、事務職で構成しており、病院内での感染を防ぐ事により、患者さまに安全な医療を提供すべく日々活動しています。
  • BLS+AED講習部会
    患者さんの容体が急変する急変時に立ち会う医師、看護師が的確に状況判断をし、素早い処置ができるように講習会を開催しています。講習内容は、BLS(Basic Life Support:一次救命処置)とACLS(Advanced Cardiac Life Support:二次救命処置)にわけて行っています。
  • 緩和ケアチーム
    医師、薬剤師、看護師、作業療法士などの複数名で、患者さま自身やご家族のご依頼内容に合わせて、緩和ケアチームの中の専門の職員がお話をお伺いします。そののち、主治医や担当の看護師などと協議し、患者さまにとっていいと思われる症状緩和の治療を提供します。
  • ブレスト・ケア・チーム
    医師・看護師・薬剤師・放射線技師等などの複数名で、乳腺疾患に関する診断、治療について総合的・包括的なケアを提供する専門チームです。チーム内で連携して質の高い医療・看護を提供することを目的としています。
  • アロマセラピー委員会
    がん患者さまの痛み、だるさ、不安などの症状の軽減を目的に、緩和ケアの一環として、看護師によるアロママッサージ、足浴(フットバス)、芳香浴などの取り組みを行っています。またニュースレターの発行と院内勉強会の開催を行っています。
  • DMAT(災害派遣医療チーム)
    dmat1.jpg 当院は災害拠点病院にしていされています。医師1人、看護師2人、業務調整員2人の5人で構成するDMATを構成し、災害時における派遣体制を構築しました。
ページのトップへ