院外処方せん

  • 外来受診される方へ
  • 入院・お見舞いの方へ
  • 各種ご相談窓口
本文が始まります。

院外処方せん

応需薬局の皆様へ

ジェネリック医薬品等に変更になった場合、患者さまのお薬手帳及び情報提供用紙での対応とします。
次回受診時、患者さまにお薬手帳及び情報提供用紙をご持参いただくようお願い致します。
フィードバックレポートは必要ありません。

疑義照会・過誤報告等について -薬剤師会向け-

 

1.疑義照会  対応窓口

  

処方内容・調剤内容・保険等医事会計⇒薬剤部

 

FAX 0797-87-1474 (薬剤部FAX)

TEL 0797-87-1161㈹ (薬剤部 内線3116)

 

(ア)  処方の疑義照会は、FAXによる照会を基本と致します。

(イ)  院外処方せん疑義照会連絡票(県薬剤師会または当院疑義照会票)に問合せ内容を記載し、処方せんと合わせて薬剤部へFAXして下さい。

(ウ)  電話またはFAXにより返答いたします。

 

2.疑義照会対応時間

(ア)  平日(土・日・祝祭日を除く)8時30分~17時00分

(イ)  主治医以外の当直医が、患者個々の処方について対応できないため時間外は対応いたしかねます。

 

3.ジェネリック(後発)医薬品への変更(一般名処方も同様)

(ア)  厚生労働省通知に従って変更してください。

(イ)  ジェネリック医薬品等に変更になった場合、患者さまのお薬手帳及び情報提供用紙での対応とします。受診時にお薬手帳及び情報提供用紙をご持参いただくよう患者さまにご指導願います。

(ウ)  FAXなどによる当院へのフィードバックレポートは必要ありません。

 

4.調剤過誤報告

保険薬局で調剤過誤が発生した場合、速やかに保険薬局から主治医または当院薬剤部への電話連絡とともに、調剤過誤報告書(兵庫県薬剤師会 調剤事故・インシデント事例報告書 様式2)に必要事項を記載し、処方せんと合わせて

 

薬剤部へ FAX(0797-87-1474) をお願いいたします。

 

5.調剤方法

調剤方法は各々の保険薬局の調剤内規に従って調剤をお願いいたします。

 

※当院疑義照会票(院外処方せん疑義照会票

 

新規採用および削除薬品 

 

H29年1月からの新規採用および削除薬品

 

こちらをクリックしてください。 

 

H28年10月までの新規採用および削除薬品

 こちらをクリックしてください。

 

 

ページのトップへ